リフォームを成功するための秘訣

FAST Reform

0120-927-524

〒524-0001 滋賀県守山市川田町413-2

受付時間 / 8:00~19:00

ショールーム来店予約 無料見積もり、お問い合わせ

リフォームを成功するための秘訣

滋賀でリフォームを成功するための秘訣

【1】納得のできる、しっかりした業者を選ぶ

胸に手をあてている作業着の男性

滋賀でリフォームをお考えなら株式会社たかはしが提案する成功するための秘訣をご活用ください。
成功のためにはまず、しっかりした業者を選ぶことです。
「やって良かった」と心から感じられるリフォームは、価格の低さだけに惹かれず、サービス内容も含めてきちんとできているかどうかが基準になります。
以下にそのポイントをまとめました。
・電話した際の対応が早い
・施行実績の豊富さ
・担当者の対応が誠実
・保証書の発行などアフターサービスがしっかりしている
・詳細な見積もりを提出
・お客様の声を聞くシステムがある

【2】リフォームの目的をはっきりさせる

青空と戸建住宅外観

リフォームを依頼する際は、目的を明確にしてプランを立てましょう。
そうすることで、迷いが生じにくくなります。
家族会議で「譲れない点」をはっきりさせておくことも重要だと、滋賀の当社は考えます。

【3】予算を具体的に伝える

リビングのソファに座りくつろぐ女性

リフォームの予算をはっきりと伝えてもらうことを滋賀の当社では推奨しています。
「とにかく低予算で」と曖昧な希望を出されるより、お客様の具体的な予算を把握したほうが、高性能な設備を提案しやすくなるからです。

【4】リフォームの時期を考慮に入れる

明るい窓際に置かれた植木鉢

リフォームはお客様がお住まいになった状態で施工するケースが多いため、お部屋の荷物の移動や、工事による騒音といったことから避けられません。
そのため、受験を控えたお子様やご病気の方がいる場合は、時期をずらした方が良いでしょう。
完成時期の希望がある場合は、早め早めにプランを立てることを滋賀の当社ではおすすめします。

【5】ご要望、約束などは記録に残す

白で統一された明るい室内

業者とのやり取りを口頭で済ませると、後で「言った」「言わない」のトラブルに発展する可能性があります。
メモを取り、ご要望・約束などを記録しておけば、未然に防ぐことも可能になります。
滋賀の当社は自社一貫施工なので、そうしたトラブルとはほぼ無縁です。

【6】ご近所への挨拶は忘れずに行う

青空と住宅街

施工中の工事音や車輌の出入りといった騒音が、ご近所の皆様に少なからず迷惑と感じるケースがあります。
一般的には、向かいの三軒、両隣の方にお声掛けしておくと、トラブルなくスムーズに工事が進められると言われています。
滋賀の当社では施工前後に、ご近所の皆様に工事の説明と挨拶に伺うようにしています。

【7】現場の進捗状況をチェックする

白で統一されたクローゼットや床板

時々でも構いませんので、現場の進捗状況はチェックしましょう。
止むを得ず変更したい場所や、気になる箇所は、早めに担当者に伝えた方が対処しやすくなります。
ただ、事前に納得いくまで、十分に打ち合わせを行うことが重要です。
滋賀の当社でも念を入れて打ち合わせを行うようにしています。

リフォーム時期の目安を滋賀の当社が紹介

20代~30代

白を基調としたカントリー調の室内

滋賀の当社では、住宅購入から出産、お子様の成長や独立、ご自身の高齢化対策まで、ご家族の構成やライフスタイルの変化に合わせたリフォームを提案しています。
20代~30代は、結婚やお子様の誕生を機にマイホームを購入する方が増える世代です。


●中古住宅購入(戸建、マンションなど)
中古住宅の場合は、間取り、設備機器を充実させるリフォームで環境を整えましょう。


●子供部屋をつくる
お子様が小学生になったら、目が届く開放的な個室空間を確保しながら、ご家族での時間を大切にできる環境づくりをおすすめします。

40代~

板の上に置かれた家の白い模型

●ご自分だけの部屋をつくる
最近は、ご自分だけの個室空間を設ける方が増えています。


●受験期の子供部屋
受験期は、お子様の思春期にもあたります。
勉強に集中できても、神経質になりやすいため、孤立しないような部屋づくりが大切です。

50代~

芝生の上に置かれた家の模型

●二世帯住宅
共用型や独立型など、様々なタイプがあります。
それぞれのライフスタイルに合わせたリフォームを提案します。


●お子様が独立した後のお住まい
子供部屋を書斎にしたり、リビングを広くしたりするのはいかがでしょうか。

60代~

木目調で統一された室内

●趣味の部屋
仕事をリタイヤされた方が、趣味やライフワークのための空間を設けるケースが多いです。
新たな人生のスタートに、住まいの全面改装もおすすめです。


●ご家族の介護に備えて
老後に備えて早めにバリアフリー対策を行いましょう。
手摺りの取り付けや段差の解消であれば、介護保険の利用が可能です。
自治体によって助成金を設けているところもありますので、上手く活用したいところです。

TOP